文字サイズ

アマチュア局保証基本保証 / スプリアス確認保証

SCHEDULE
2018年10月21日(日)
「北陸ハムフェスティバル」にて、ブース出展とスプリアス対応に関する講演を行います。
2018年11月4日(日)
「北海道アマチュア無線セミナー2018」にて、スプリアス対応に関する講演を行う予定です。
2018年11月18日(日)
「JARL京都府支部大会」にて、スプリアス対応に関する講演を行う予定です。
よくある質問
総合通信局から保証が必要と言われました。
アマチュア無線局の、開局、及び無線機の増設・取替をご希望で、総合通信局から保証が必要と言われた場合は「基本保証」をお申し込みください。
古い無線機で開局したい。
「スプリアス確認保証可能機器リスト」にある無線機器は、JARDの基本保証(開設保証)を受けることで開局することができます。
今開局しているアマチュア無線局に古い無線機を増設or取替したい。
「スプリアス確認保証可能機器リスト」にある無線機器は、JARDの基本保証(変更保証)を受けることで増設or取替することができます。
再免許手続きをしたいが、古い無線機が含まれている場合はどうしたらいいですか?
こちらのページを御覧ください。
保証にはどれくらいの日数がかかりますか?
基本保証は一週間に一度保証しております。
スプリアス確認保証は二週間に一度保証しております。
保証後はJARDからお客様宛に「保証通知書」を郵送しております。
無線局の免許が失効しているので開局したいが、使いたい無線機器が古いのでスプリアス確認保証が必要でしょうか?
開局に必要な保証はスプリアス確認保証ではなく基本保証(開設保証)です。「スプリアス確認保証可能機器リスト」にある無線機は、JARDの基本保証(開設保証)を受けることで開局することができます。新スプリアスとして保証しますので、開局した後、スプリアス確認保証は不要です。
再免許手続きと、スプリアス確認保証、どちらを先に申し込んだらいいですか?
再免許手続きをする前にスプリアス確認保証を受ければ、免許状に使用制限「(新スプリアス基準)に合致することの確認がとれていない無線設備の使用は、平成34年11月30日までに限る。」がつかなくて済みます。しかし、再免許の期限が迫っている場合は、再免許申請を行ってから、スプリアス確認保証を受けてください。
古い無線機の増設・取替の際に、スプリアス確認保証は必要ですか?
スプリアス可能機器リストにあれば、変更保証を受けることで、新スプリアス規格として保証しますので、スプリアス確認保証は不要です。
保証料はいくらですか?
基本保証
基本料が4,000円で1台分の保証料が含まれます。
2台目以降は1台1,000円ずつ加算されます。
スプリアス確認保証
基本料が2,500円で1台分の保証料が含まれます。
2台目以降は1台1,000円ずつ加算されます(特例割引あり)。
割引はありますか?
JARL会員割引(基本保証は除く)
JARLの会員であることが確認出来た場合、無線機器3台まで2500円でスプリアス確認保証いたします。
確認は、JARL会員証のコピーまたはJARL会員サイトで行っています。
複数回割引
同じ無線局でスプリアス確認保証を複数回お申込みの場合、2回目以降は基本料なしの1台1000円で保証いたします。
(注:基本保証とスプリアス確認保証は別保証ですので、2回目割引は適用されません。)
(注:コールサインが同じでも、移動局と固定局など別の無線局の場合は、2回目割引は適用されません。)
同じ無線機を家族で共用している場合、一つの無線局でスプリアス確認保証を受ければ、他の無線局はスプリアス確認保証は受けなくてもいいでしょうか?
スプリアス確認保証は、無線局ごとに受ける必要があります。
200Wを超えた無線機のスプリアス対応はどうしたらいいですか?
アマチュア局の保証は200Wまでの制限があります。
200Wを超えて免許を受けている無線機は、スプリアス確認保証は出来ません。
200W超えで免許を受けている無線機の新スプリアス対応については、管轄の総合通信局にお尋ねください。