2アマeラーニング 募集案内第二級アマチュア無線技士養成課程

2023年1月期の募集期間は「2022年12月1日~2022年12月20日」です。

一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD)主催の「2アマeラーニング」の受講をご検討いただきまして、誠にありがとうございます。
「2アマeラーニング」のお申込みにあたっては、「募集案内(当ページ)」および「受講の流れ(以下のバナー)」の記載内容を必ずご一読ください。

「2アマeラーニング受講申込み」の際は、「メールアドレスの送信(登録)」および「第三級(電信級)アマチュア無線技士の無線従事者免許証等の画像」が必要となります。

「2アマeラーニング受講申込み(メールアドレス登録)」のバナーは、「当ページ-10 募集期間・定員・申込方法」にあります。

受講の流れ

2アマeラーニングについて

1eラーニングとは

eラーニング(e-Learning)とは、ご自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンを使用し、インターネット上で学習する形態のことで、いわゆる「通信講座」と呼ばれる学習方法の一つです。
一般財団法人日本アマチュア無線振興協会(JARD)では、2015年7月から2アマeラーニングを導入し、多くの方にご利用いただいております。

22アマeラーニングについて

アマチュア無線技士の資格には、入門資格として「第四級/第三級」が、上級資格として「第二級/第一級」があります。
2アマeラーニングは、第二級アマチュア無線技士の資格を取得するために、ご自宅のパソコンやタブレット等を使用し、インターネット上で学習する「通信講座」です。
養成課程の種別 コースの区分 主な授業の形式 受講対象者
第四級アマチュア無線技士 標準コース 同時受講型授業
(集合形式)
これからアマチュア無線の資格を取得する方
第三級アマチュア無線技士 標準コース 随時受講型授業
(eラーニング形式)
これからアマチュア無線の資格を取得する方
(第四級の資格をお持ちの方も受講可)
短縮コース 同時受講型授業
(集合形式)
すでに第四級の資格をお持ちの方
第二級アマチュア無線技士 短縮コース 随時受講型授業
(eラーニング形式)
すでに第三級の資格をお持ちの方
同時受講型授業
(集合形式)
養成課程の種別 第四級アマチュア無線技士
コースの区分 標準コース
主な授業の形式 同時受講型授業
(集合形式)
受講対象者 これからアマチュア無線の資格を取得する方
養成課程の種別 第三級アマチュア無線技士
コースの区分 標準コース
主な授業の形式 随時受講型授業
(eラーニング形式)
受講対象者 これからアマチュア無線の資格を取得する方
(第四級の資格をお持ちの方も受講可)
養成課程の種別 第三級アマチュア無線技士
コースの区分 短縮コース
主な授業の形式 同時受講型授業
(集合形式)
受講対象者 すでに第四級の資格をお持ちの方
養成課程の種別 第二級アマチュア無線技士
コースの区分 短縮コース
主な授業の形式 随時受講型授業
(eラーニング形式)
受講対象者 すでに第三級の資格をお持ちの方
養成課程の種別 第二級アマチュア無線技士
コースの区分 短縮コース
主な授業の形式 同時受講型授業
(集合形式)
受講対象者 すでに第三級の資格をお持ちの方

2アマeラーニング(2023年1月期)の受講期間は「4か月間(2023年1月1日~2023年4月30日)」です。ただし、受講期間延長料(10,200円)を別途お支払いいただいた場合は、受講期間を「2か月間延長」し、「6か月間(2023年1月1日~2023年6月30日)」とします。

受講期間の延長手続きについては、2023年4月上旬に「お知らせ欄(2アマeラーニングシステム内)」でご案内します。

受講期限日までに修了試験を受験していない場合は「失格」となります。

2アマeラーニング 募集案内

1受講者の条件

第三級(電信級)アマチュア無線技士の無線従事者免許証をお持ちの方

第三級(電信級)アマチュア無線技士の無線従事者免許証を紛失したときは、管轄の総合通信局に再交付申請をしてください。

当協会発行の第三級アマチュア無線技士養成課程修了試験結果通知書(合格通知)をお持ちの方

当協会主催の養成課程修了試験(第3級標準コース/第3級短縮コース)に合格した方であって、2アマeラーニング申込日時点で第三級アマチュア無線技士の無線従事者免許証が到着していない場合に限ります。

「当協会発行の合格通知メールのスクリーンショット、他社の合格通知書、国家試験の合格通知書」は、対象外です。

インターネットを使用できる環境があり、パソコンやタブレット等を操作できる方であること。

2アマeラーニングシステムの電子テキストや試験問題には画像を使った説明が多数ありますので、パソコンを基本に、タブレットやスマートフォンは補助的に使用されることを推奨します。

動作環境 デモ版

2授業科目・受講期間

授業科目
法規(第1章~第7章)/無線工学(第1章~第13章)
受講期間
4か月間(2023年1月1日 ~ 2023年4月30日)

「2022年12月1日~2022年12月31日」は予習期間とし、この予習期間および年始休業期間(2023年1月1日~2023年1月4日)は判定試験および修了試験の受験はできませんので、予めご了承ください。

受講期間延長料(10,200円)を別途お支払いいただいた場合は、受講期間を「2か月間延長」し、「6か月間(2023年1月1日~2023年6月30日)」とします。

受講期間の延長手続きについては、2023年4月上旬に「お知らせ欄(2アマeラーニングシステム内)」でご案内します。

修了試験は、受講期間内であれば「最大2回まで」受験できます。ただし、2回目の受験にあたっては、再受験料(5,100円)が別途必要となります。詳しくは「当ページ-8 再受験制度」をご参照ください。

受講期限日までに修了試験を受験していない場合は「失格」となります。

3修了試験

修了試験は「CBT方式」により実施しています。
CBTとは「Computer Based Testing(コンピュータ ベースド テスティング)」の略称で、コンピュータを使った試験方式のことです。
2アマeラーニングの修了試験は、CBTテストセンター(委託先:株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズ)での受験となります。

修了試験の受験が可能となった方には、翌営業日に当協会から「修了試験のご案内」を電子メールで通知します。

CBTテストセンター(修了試験)の受験予約は、前述の「修了試験のご案内(電子メール)」に記載されている要領に沿って受講者様ご自身で行っていただきます。

CBTテストセンターでの修了試験受験時には、本人確認書類として「氏名及び生年月日が記載された顔写真付き証明書(例:運転免許証 / パスポート / マイナンバーカード / 学生証等)」が必要となります。
詳しくは「こちら(【例外ルール】本人確認書類は何を用意すればよいですか?)」をご参照ください。

テストセンター一覧(外部リンク) 修了試験受験の流れ(外部リンク) 受験者専用サイト(外部リンク)

4受講料等

受講料等
45,550円(無線従事者免許申請手数料を含む。)

受講料等のお支払いは、クレジットカード決済(VISA / Master / JCB / AMEX / Diners)または口座振込(郵便局の窓口またはATM、各金融機関のATM、コンビニのATM、インターネットバンキング等)をご利用ください。

口座振込を選択した場合は、「当ページ-10 募集期間・定員・申込方法」でご登録いただいたメールアドレスあてに電子メール(受講料等お支払いに関するご案内)が自動配信されますので、この電子メールに記載されている要領に沿ってお支払いください。
(支払期限日は「申込日から7日後(金融機関が休業日の場合は翌営業日)」です。)

受講料等をお支払いいただいた時点で、受講が確定します。

開講月の10日(2023年1月10日)23時59分までに、「当ページ-10 募集期間・定員・申込方法」でご登録いただいたメールアドレスからキャンセルのお申し出があった場合は、半額返金(振込手数料はお客様ご負担)します。
ただし、すでに判定試験を受験されていた場合はキャンセルできませんので、予めご了承ください。

5受講料の割引制度

次の①~②のうち、いずれか一つが適用されます。
受講料割引制度 対  象  者 受講料等
①22歳以下割引 申込日時点で満22歳以下の方 20,150円
②再受講割引 過去1年以内に当協会が主催した第二級アマチュア無線技士の養成課程
(2アマeラーニング)を受講し、不合格または失格となった方
23,650円
受講料割引制度 ①22歳以下割引
対 象 者 申込日時点で満22歳以下の方
受 講 料 等 20,150円
受講料割引制度 ②再受講割引
対 象 者 過去1年以内に当協会が主催した第二級アマチュア無線技士の養成課程(2アマeラーニング)を受講し、不合格または失格となった方
受 講 料 等 23,650円

上記料金には、無線従事者免許申請手数料(1,750円)が含まれています。

22歳以下割引は、生年月日により自動計算されます。

再受講割引を利用できる回数は「1回限り」です。

6eラーニング割引券

eラーニング割引券は、アマチュア無線ショップや講習会協力機関にて配布しています。
eラーニング割引券を利用すると、受講料が1,000円引きになります。
eラーニング割引券

7HAMtte(ハムって)クーポン

HAMtte(ハムって)クーポンは、当協会が運営する受講者交流サイト「HAMtte(ハムって)」の会員特典の一つです。
HAMtte(ハムって)クーポンを利用すると、受講料が500円引きになります。
詳しくは「HAMtte(ハムって)」ページ内中段の「HAMtte会員特典」をご参照ください。
HAMtte(ハムって)

8再受験制度

1回目の修了試験の結果が不合格となった場合は、受験日から約1週間後に当協会から電子メールで不合格の旨と再修了試験に関するご案内を通知します。
再修了試験を希望する方は、再受験料(5,100円)が別途必要となりますので、前述の電子メールに記載されている要領に沿ってお支払いください。

再修了試験の受験にあたっては、2アマeラーニングシステム(電子テキスト)による復習および判定試験を再受験し、合格していただく必要があります。

受講期限日までに再修了試験を受験していない場合は「不合格」が確定します。

9受講上の留意事項

本養成課程(2023年1月期)の受講期間は「4か月間(2023年1月1日~2023年4月30日)」です。

「2022年12月1日~2022年12月31日」は予習期間とし、この予習期間および年始休業期間(2023年1月1日~2023年1月4日)は判定試験および修了試験の受験はできませんので、予めご了承ください。

受講期間延長料(10,200円)を別途お支払いいただいた場合は、受講期間を「2か月間延長」し、「6か月間(2023年1月1日~2023年6月30日)」とします。

受講期間の延長手続きについては、2023年4月上旬に「お知らせ欄(2アマeラーニングシステム内)」でご案内します。

本養成課程を修了するためには、受講期限日までにeラーニングの教材(電子テキスト)を全て履修し、かつ修了試験に合格することが条件です。 本養成課程の修了試験は、受講期間内であれば「最大2回まで」受験できます。

2回目の受験にあたっては、再受験料(5,100円)が別途必要となります。

2回目の修了試験(再修了試験)の結果も不合格となった場合は「不合格」が確定します。 受講期限日までに修了試験を受験していない場合は「失格」となります。 無線従事者の資格が与えられないことがあります。(欠格事由)

過去に電波法令に違反したことにより、罰金以上の刑に処せられた方、または無線従事者の免許の取消処分を受けてから2年を経過していない方は、免許が与えられないことがあります

その他詳細は「受講の流れ」をご参照ください。 受講の流れ

10募集期間・定員・申込方法

募集期間
2022年12月1日(木)~ 2022年12月20日(火)
定員
150名

先着順で受付いたします。

受講料等のお支払い完了後、当協会にて入金を確認できましたら、翌営業日に2アマeラーニングシステムのログインID/パスワードを電子メールで通知するとともに、受講キット(スタートガイド・教科書・各種書類)を郵送します。

申込方法
オンラインによる申込み ⇒ 以下のバナー(メールアドレス登録)をクリック(タップ)してください。

以下のバナー(メールアドレス登録)をクリック(タップ)すると「2アマeラーニング仮登録画面」が表示されますので、登録するメールアドレスをご入力のうえ、送信ボタンを押してください。

ご登録いただいたメールアドレスあてに「2アマeラーニング申込フォーム」のURLが自動配信されますので、必要事項をご入力のうえ、申込内容確認ボタンおよび登録ボタンを押してください。

当ページに関するお問い合わせ

eラーニング事業センター

  • 営業時間

    平日 9:30~18:00(祝日・年末年始を除く)

  • 電話番号

    03-3910-7253

  • E-mail

    e-ln★jard.or.jp

★をアットマークに変更してください。


Copyright 1997-2022 The Japan Amateur Radio Development Association.