2アマeラーニング 受講の流れ第2級アマチュア無線技士養成課程

受講開始から修了までの流れ

2021年10月期の受講期間は「2021年10月1日~2022年1月31日」です。

STEP1ログインID/パスワード・受講キット
受講料の入金確認ができましたら、翌営業日に2アマeラーニングシステムのログインID/パスワードを電子メールでお知らせするとともに、受講キット(スタートガイド・教科書・各種書類)を郵送します。
受講キットには、修了試験合格後に必要な書類(無線従事者免許申請書等)も同封します。
受講料のお支払い完了後、1週間程度たってもログインID/パスワードの通知や受講キットが届かないときは、お手数ですが当協会eラーニング事業センターまでご連絡ください。
STEP2ログイン・受講者マニュアル(PDF)
STEP1のログインID/パスワードを受信したら、その日から2アマeラーニングシステムにログインできるようになります。ご自宅のパソコン、スマホ、タブレット等でログインしてみましょう。
ログインしたら、まずはトップページにある「受講者マニュアル(PDF)」を開いてみましょう。2アマeラーニングシステムの使い方、学習の進め方、修了試験の受験方法などの大切なご案内を掲載していますので、一通り確認してから受講を開始してください。
STEP3書類を返送
STEP1の受講キットが到着したら、証明写真(縦30mm×横24mm)の準備および無線従事者免許申請書等に必要事項を記入し、返信用封筒(受講キットに同封の大型封筒)に入れて返送してください。
詳しくは「書類の作成と返送のお願い(受講キットに同封)」をご覧ください。

・返送していただいた無線従事者免許申請書等は、受講期間中お預かりし、修了試験に合格されたあと、当協会から総務省関東総合通信局へ直接提出します。

STEP4電子テキスト・中間試験・判定試験
電子テキストは「全20章(法規:第1章~第7章/無線工学:第1章~第13章)」で構成されています。「法規/無線工学」のどの章からでも受講開始できますので、ご自身のペースで学習を進めてください。

・2アマeラーニングシステムの体験版(2アマeラーニングデモ版)は、こちらをクリックしてください。

各章の学習が終わると「中間試験」を受験できるようになります。中間試験は各章の学習の習熟度および理解度を確認するためのもので、全問正解することがその章の学習完了(履修)の条件となっています。
不正解があった場合は、その章の中間試験は復習時間(1時間)経過後に再受験できるようになります。(受験回数の制限はありません。)
全ての章の中間試験に合格し、かつ管理責任者の承認を得られれば、「判定試験(模擬修了試験)」を受験できるようになります。
判定試験は全ての章の学習の習熟度および理解度を確認するためのもので、CBTテストセンターで受験する修了試験と同じ条件で受験していただきます。

※予習期間(2021年9月1日~2021年9月30日)は判定試験の受験はできませんので、予めご了承ください。

判定試験は「法規 → 無線工学」の順に受験していただきます。試験問題数は「法規10問/無線工学20問」、試験時間は「法規60分/無線工学90分」で、合格点は100点満点中それぞれ60点以上です。
合格点に達しなかった場合は、復習期間(1週間)経過後に判定試験の再受験承認を行いますので、それまでの間しっかり復習してください。(受験回数は、原則3回までです。)

※判定試験合格後の再受験(判定試験の問題を利用して復習するなど)はできませんので、予めご了承ください。

判定試験に合格すれば、ご自宅での学習は終了です。
STEP5修了試験の受験承認
判定試験(模擬修了試験)に合格し、かつ管理責任者の承認を得られれば、eラーニング学習の最終試験「修了試験」に挑戦です。
修了試験の受験が可能となった方には、翌営業日に当協会から「修了試験のご案内」を電子メールでお送りします。
「修了試験のご案内」にはCBTテストセンターの受験予約時に必要な「受験チケット(利用番号)」が記載されていますので、削除しないようご注意ください。
修了試験の受験期限日は、受講期限日と同様、「2022年1月31日(2021年10月期の場合)」です。この期限日までに修了試験を受験しなければ「失格」となりますのでご注意ください。
ただし、受講期間延長料(10,200円)を別途お支払いいただいた場合は、受講期間を「2か月間延長」します。

・受講期間の延長手続きについては、2022年1月上旬にeラーニングシステム内(お知らせ欄)でご案内します。

・受講期間を2か月間延長した方については、延長満了日までに修了試験を受験しなければ「失格」となりますのでご注意ください。

STEP6修了試験の受験方法(予約・受験)
受験チケット(利用番号)を用意し、CBTテストセンター(ここをクリック)に修了試験の受験予約を入れてください。CBTテストセンターの受験予約は「受験希望日の3日前まで」に行ってください。

※「受験希望日の2日前~当日」の予約はできません。

修了試験は、STEP4の「判定試験(模擬修了試験)」と同様、「法規 → 無線工学」の順に受験していただきます。
試験問題数は「法規10問/無線工学20問」、試験時間は「法規60分/無線工学90分」で、合格点は100点満点中それぞれ60点以上です。

・詳しくは「受講者マニュアル(PDF)」および「修了試験のご案内(電子メール)」をご覧ください。

STEP7修了試験結果のお知らせ
修了試験の結果は、受験日から約1週間後に当協会から電子メールでお知らせするとともに、「修了試験結果通知書」を郵送します。

・電話、電子メール、質問窓口(2アマeラーニングシステム内)での個別照会には対応していませんので、予めご了承ください。

修了試験(1回目)が不合格の場合は、受験日から約1週間後に当協会から電子メールで不合格の旨をお知らせするとともに、再修了試験に関するご案内をします。再修了試験を希望する方は、別途再受験料(5,100円)が必要となりますので、電子メールのご案内に記載されている要領に従い、送金してください。
再修了試験の受験にあたっては、eラーニングシステム(電子テキスト)による復習および判定試験を再受験し、合格していただく必要があります。
再判定試験に合格し、かつ管理責任者の承認を得られれば、翌営業日に当協会から「修了試験のご案内(2回目)」を電子メールでお送りします。1回目の受験時と同様、CBTテストセンター(ここをクリック)に再修了試験の受験予約を入れてください。CBTテストセンターの受験予約は「受験希望日の3日前まで」に行ってください。

※「受験希望日の2日前~当日」の予約はできません。

再修了試験の結果は、受験日から約1週間後に当協会から電子メールでお知らせするとともに、「修了試験結果通知書」を郵送します。
再修了試験も不合格となった場合は「不合格」が確定し、お預かりしていた書類等を郵便でお返しします。
STEP8無線従事者免許証の申請・交付(修了試験合格者)
修了試験に合格した方については、STEP3で返送していただいた無線従事者免許申請書等を当協会から総務省関東総合通信局へ直接提出します。
「第二級アマチュア無線技士の無線従事者免許証」は、後日、総務省関東総合通信局から直接交付されます。

当ページに関するお問い合わせ

eラーニング事業センター

  • 営業時間

    平日 9:30~18:00(祝日・年末年始を除く)

  • 電話番号

    03-3910-7253

  • E-mail

    e-ln★jard.or.jp

※ ★をアットマークに変更してください。


Copyright 1997-2021 The Japan Amateur Radio Development Association.