文字サイズ

工業高校の生徒の皆さんへジュニアマイスター顕彰制度

ジュニアマイスター顕彰制度

この顕彰制度は、公益社団法人全国工業高等学校長協会が運営するもので、国家職業資格や各種検定、及び各種コンテストの入賞実績が点数化され、取得点数の合計が一定の基準を満たし申請を行うことで『ジュニアマイスター』の称号が授与されます。現在200以上の職業資格・検定と約80のコンテストがピックアップされており、その資格区分の一つに、アマチュア無線技士の資格があります。

◯アマチュア無線技士の資格について、第一級から第四級まで、それぞれにポイントが設定されています。
 ・第一級アマチュア無線技士:7点
 ・第二級アマチュア無線技士:4点
 ・第三級アマチュア無線技士:2点
 ・第四級アマチュア無線技士:1点
 ※ジュニアマイスター顕彰に係わる区分表【資格・検定等】より(2017年11月現在)

◯この顕彰制度の詳細については、全国工業高等学校長協会のホームページからご確認ください。
 ※『ジュニアマイスター』は、公益社団法人全国工業高等学校長協会の登録商標です。

アマチュア無線技士の資格取得は、eラーニングで!

アマチュア無線技士の資格は、国家試験を受験して合格する以外に、JARDが実施する養成課程講習会を受講することでも取得できます。

JARDでは、国(総務省)の認定を受けて、国家資格である第二級、第三級及び第四級のアマチュア無線技士の資格について、養成課程講習会を実施しており、特定の場所に集まって行う集合形式のほか、eラーニング(通信講座)による受講も可能です。
eラーニング(通信講座)は、スマホまたはタブレットのみでも手軽に受講することが可能なため、特に入門者には、無資格からでも受講できる第三級アマチュア無線技士のeラーニングをお薦めしています。

受講料の減額措置

JARDでは、青少年育成のため、養成課程講習会の受講料を大幅に減額しています。

◯eラーニング(通信講座)の養成課程については、22歳以下の受講者を対象に、次のとおり受講料を減額しています。
  ・第三級アマチュア無線技士   16,750円 (一般の場合:26,750円)
  ・第二級アマチュア無線技士   19,750円 (一般の場合:49,750円) ※適用人数は募集定員の1割(15名)


◯集合形式の養成課程については、18歳以下の受講者を対象に、次のとおり受講料を減額しています。
  ・第四級アマチュア無線技士    7,750円 (一般の場合:22,750円)
  ・第二級アマチュア無線技士   29,750円 (一般の場合 69,750円) ※適用人数は募集定員の1割(3名)
   ※第三級アマチュア無線技士については、減額措置なし

上記の受講料には、すべて無線従事者免許申請手数料1,750円が含まれています。